チャルダッシュ・音合わせ

DSCF6588

 

今回のハーモニカフェスティバルの開幕式で、日中韓の子ども達の合奏と共に、四川省少数民族音楽家と韓国・日本(私)のハーモニカ奏者による合奏を表演します。

このプログラムは、10年間の日中・日韓のハーモニカや音楽を通じた交流の積み上げの中から実現しました。

中国の友人たちは、5月に成都で練習した二胡4名・ピアノ1名。韓国のハーモニカ奏者は友人の李海信さんと私です。

選曲は、二胡にとってもハーモニカにとっても極めて難しい「チャルダッシュ」です。

極めて速いテンポが聞きどころでもあるこの曲は、二胡にとってはノーフレットのポジションを正確に獲得する困難がありますし、ハーモニカにとっては、神業のような持ち替えが要求されます。

今日は、今回の訪中団の一員として参加してくださるピアニストの長原さんと音合わせをしてみました。

21日のリサイタルでは、二人で合奏することにしています。

ダメ!! 練習不足!!!!

頑張らな!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント(0) comments

コメントお待ちしています!

コメントはお気軽にどうぞ! leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。*は必須です。


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このページの上へ