DSCF5999

日中韓の子ども達が合奏する曲のアレンジ譜が書き終わり、中韓両国の友人たちに送りました。

曲は私の生徒さんである子ども達が自信をもって演奏できるようにと、「キラキラ星」です。

中国や韓国の子ども達のレベルに合わせて、かなり難しいアレンジも加えました。4/4で12小節のこの曲を、60小節にアレンジ。6パートで演奏するアンサンブルです。

アンサンブルとあって、日本の子ども達はオクターブハーモニカを使用して、主としてメロディラインを演奏します。中国と日韓ではコード譜の記載方法が違うので、それぞれに対応した二種類を作成しました。

今後各国ごとに練習を積んで、6月に私が中国・韓国を訪問し、子ども達の演奏を直接聞きます。その際に、テンポや強弱などの細かな指示を加えて全体の統一を図ります。

8月1日(フェスティバル前日)には杭州市の青少年活動センターで全員集合してリハーサルを行います。

指揮は私が担当。中韓それぞれが副指揮者を選任して3人で仕上げをします。

ハーモニカは数字譜なのですが、完全なハーモニカ専用の数字譜ソフトがありません。作っても商売にならないというのが理由のようです。情けない! (だれか数字不ソフトを繕いあげていただけないでしょうか…。)このため、描画ソフトを使って、延々と入力・コピー・ペーストを繰り返して、肩も目も疲れました…。

4月20日(日)のストリートライブの日は、全日本ハーモニカ連盟のフォーラムに出席して、日中韓のハーモニカ交流について報告します。申し訳ありませんが、ストリートライブはお休みします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント(0) comments

コメントお待ちしています!

コメントはお気軽にどうぞ! leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。*は必須です。


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このページの上へ