親子で練習…

上級の生徒さん(お母さん)の隣で、二本のハーモニカを操るのはコーくん。

なにしろお母さんのお腹の中にいた時から、ハーモニカの音色に揺られていたのです。

もうお一人の若い女性の生徒さんも、お腹に赤ちゃんをだっこされて、彼女が奏でるハーモニカの音色を聴いて育ちました。

こういうのって、素晴らしいと思います。

年明けに、29歳の青年が練習を始めました。

こうして、若い世代がハーモニカに取り組んでいけば、2~30年後に“次の世代のハーモニカ奏者”が育つかもしれません。

DSCF5771

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント(0) comments

コメントお待ちしています!

コメントはお気軽にどうぞ! leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。*は必須です。


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このページの上へ