アジア太平洋ハーモニカフェスティバル準備で杭州へ

9日朝、来年の「アジア太平洋ハーモニカフェスティバル」の責任者の一人である夏先生を訪問。彼女はつい最近まで、杭州の20年近く全校を挙げてハーモニカ教育に取り組んでいる小学校の校長先生でした。この小学校には毎年訪問して交流を深めてきました。
 今回は前の副校長だった厳先生も合流して、私が持参した企画書を検討していただきました。
 
                                      
DSCF5509
 
今回の提案は、先日のソウルでの打ち合わせに基づいて、3件の交流プログラムを実施するというものです。6月の杭州訪問時よりは、内容が豊富になっています。
特に、昨年、三日間にわたって開催した「日中交流音楽会」の際に来福した三人の少数民族の音楽家が、来年のフェスティバルに8人で杭州入りして、私との合奏を申請していました。
今回はこのメンバーに、新たに韓国のハーモニカ奏者李さんも加わって、日中韓の合奏を行うことになりました。ハーモニカフェスティバルのこれまでのプログラムとしても極めて特徴のある表演になると思います。
 
夏先生たちが昼食に家庭料理をご馳走してくださいました。
 食事前に一曲演奏させていただきました。夏先生もご自身のハーモニカで合流。
楽しい時間を過ごさせていただきました。
 
DSCF5514 DSCF5529
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント(1) comments

  • Can I say what a relief to have somebody who seriously knows what theyre talking about on the internet. You basically know ways to bring a problem to light and perform out it important. Workout . have to check out this and recognize why side from the story. I cant feel youre no far more frequent given that you also undoubtedly possess the gift.

コメントはお気軽にどうぞ! leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。*は必須です。


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このページの上へ